SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ ”クリスマスの記憶” サチ(配布キャラ) 限界突破の考え方!

クリスマスの記憶イベント サチ の限界突破について

%e3%82%b5%e3%83%81-%e3%81%93%e3%81%b4

こちらの記事は、サチの限界突破についての考察です。

 

 

サチ 基礎ステータス(LV80)の確認

当掲示板の方で、NeveさんよりLV80時点の情報をいただいたので、今回はこちらの数値を使わせていただきます。

情報提供ありがとうございました。

 

これでLV80 までの情報が埋まりました。

この状態から、限界突破に向けて、何がオススメなのかを検証していきます。

 

クリスマスサチのスキル

こちらの記事から匿名さんより、サチのSS3についてコメントがありました。

 

 

 

SS3に回復スキルであり、攻撃力補正があるとのこと。

 

 

img_0770

img_0769

回復スキルのあるキャラの場合、攻撃補正を考慮しておいた方が良いです。

 

 

というわけで、一応管理人も検証しておきました。

(能力解放が間に合って無いので、ステは見ないでくださいね。)

パターン1 クリスマスサチ 武器なし

img_0775

img_0782

 

HP回復量は2,800ほど。

パターン2 クリスマスサチ 武器あり

img_0774

img_0781

回復量は4000以上になった。

 

攻撃力でHP回復量が変動するのは、杖キャラと同様。

というわけで、ヒーラーとして使う場合は、攻撃力を優先的に上げておきたいですね。

 

クリスマスサチ MPの着地点を見極める

限界突破を考える際にはMPの着地点=MP回復量を考えおく必要があります。

 

%e3%82%b5%e3%83%81-%e6%af%94%e8%bc%83

 

基礎MPが183。

 

アクセサリーによるMP補正

MP補正のある装備として、アクセサリーはこの中から選択。

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9

属性一致があり、バトルスキルにMP補正(3%)のあるシトリン・イヤリングで理論値を計算。

 

 

MP:37の属性一致で、MP:44。

バトルスキルによるMP補正

バトルスキルは、キャラステと装備の合算値に乗算して計算されます。

バトルスキルはステータス画面には反映されないので注意が必要です。詳しくはこちら

 

サチはキャラ本体のバトルスキルにもMP補正があるので、それを考慮。

img_0771

 

・キャラのバトルスキル MP+6%

・シトリン・イヤリング MP+3%

合わせて9%

 

 

ということで、基礎MP183に属性一致のアクセ44を加えて、227。

ここに9%の補正があり、MP:247。(小数点以下、切捨て計算)

 

 

MPにはLVアップによる補正が無いので、攻撃/会心4凸の場合でも247がMPの最終着地点になる。

 

MP回復量を確認する。

MPの着地点が分かったら、MP回復量を確認。

(MP回復量についての解説はこちらを参照。)

 

mp

 

MP247とした時に、MP回復量を押し上げるMP260以上を狙うかどうか?

 

サチの基礎MPは183と低い。

過去のMP4凸の傾向値として14%で仮計算するとして、MP4凸として209。

アクセとバトルスキルの補正を加えたとして、275。15%でも276。

 

247から4凸しても、MP回復量は12→13(+1)が限界だと想定します。

2凸で260に乗るか乗らないか、といった感じでしょうね。

 

 

なお、MP回復量13まで上げたところで、MP回復量が半減になるマルチでは四捨五入切捨て。

MP回復量は6に。

うま味は少ないですね。

 

【結論】クリスマス サチの限界突破をどうするか?

  • サチのSS3がヒールスキルであり、HP回復量が攻撃力で補正を受けること
  • 攻撃力を捨ててまで、MP量を上げる恩恵が少ないこと

以上のことから、さっちゃんは攻撃/会心4凸がオススメだと判断します!

 

さっちゃんは基礎攻撃力が低く、アタッカーには向かないと思います。

片手剣キャラなのでMP回収が楽というわけでもなく、SS1やSS2MP消費量は軽くないので闇属性の雑魚処理要員としてもちょっとイマイチな評価です。

img_0770

ただし、

 

 

パリィが可能なヒーラー(味方まで回復可能)という意味ではユニークな性能

 

 

なので、

 

攻略が困難なクエストでの立ち回りを覚える練習や、杖キャラが不在/使うのが苦手な人のヒーラーとして役に立ってくれるでしょう。

 

 

 

※当記事のご意見・ご感想 その他知りたいヒントなど、雑談掲示板に是非お越しください!