SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ 各種イベントと火ガチャ(神炎に燃える想い)、そしてセルラン

この手の話題は攻略と関係ないし、全く興味が無いという人も多いと思うが…

ダイヤ増量イベント

11/15(火)に開催されたランキングイベントと同時にメモデフ初となる、ダイヤ増量イベントが実施された。
運営にとって、ガチャ石の実質的な値下げは軌道修正の効かない判断。
このタイミングで仕掛けてきたのは、かなり危機感があったのではないか?

ランキングイベント 一位入賞で確定ゲットできる「限定キャソールリーファ」

今回のイベントで目玉となる限定キャラ「キャミソールリーファ」。
現時点ではグループランキング一位を獲らないと、確定入手できないため希少。

ランキングイベントで脅威的な性能を誇る火ガチャキャラ

ランキングイベントで高スコアを出すのに、最も有効な「火ガチャキャラ」。
特に火シノンは、イベント開始早々に絶級で30秒を切るという情報が出た。
(別記事で説明したが、火シノンは現時点で全キャラ最高の攻撃力を持っており、その基礎性能に属性優遇が加わって、とんでも無い火力が出ているようだ。)

セールスランキング(セルラン)の反応

限定キャミソールリーファというプレミアム感に、ダイヤの増量キャンペーンという促進策、そして火キャラガチャへの課金誘導。
絵に描いたような分かりやすい馬人参作戦ではあるが、セルランはどう反応したかというと...
総合で30位以内まで伸びた。
直前に実装された、土ガチャで150位以下の圏外まで落ちていたことを考えると、大躍進だ。
これはメモデフを続けているプレイヤーにとっては朗報と捉えるべきだろう。

既存プレイヤー全てに影響のあるセルラン

以前の記事でも触れたが、セルランは課金者無課金者問わず、プレイヤー全てに影響する。
マイナーゲーをプレイしたことのある人なら、一度や二度は経験があると思う。
自分がいくらベースは良いと思ってるゲームであっても、収入が無ければまずは広告投資が真っ先に圧縮され、新規が入らなくなる。
石の配布が減り、課金誘導により無課金で遊べるコンテンツが縮小される。
やがては開発投資が圧縮され、運営の人員リソースが削られる。
その結果、コンテンツが拡充されず、バグや不正は放置され、ゲーム内人口の過疎化が進む。
そんなゲームを渡り歩いてると、悲しいサガではあるが、自己防衛意識からプレイするゲームのセルランが気になって仕方ないのだ。
スマホゲーの投資にリスクを負っているのは運営だけではない。
ゲームが沈めば、プレイヤー側が投下した課金も時間も、ある意味無駄になってしまう。
ソシャゲは名実ともにプレイヤーがスポンサーとして機能している
そういう意味で今回は絵に描いたような馬人参プランではあったが、運営もよく持ち直させたとは思う。
これが瞬間風速的なセルランの上昇に終わったとしても、意味はある。
大型アプデをもってしても、セルラン圏外から抜け出すことすら出来ないゲームの方が圧倒的に多いのだから。
もっとも実質的なダイヤ割引は劇薬でもあるので、この反動でどこまで落ちるのか?という点は引っかかるが。

関連記事)