SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ キャラ調整について

※このページは攻略とは関係ない主の個人的感想です

ダウンロード (1)

 

ハロガチャ追加によってキャラインフレが次第に濃厚になってきた。

これをどう受け止めるか?

メモデフキャラ一覧(ハロウィン更新)

メモデフのプレイヤーには、純粋なアクションゲーとしてプレイしているスマホゲーム層と、SAO原作&アニメのファン層の両方が混在していると思う。

前者は素直に強キャラに向かうことも出来るが、後者は微妙だと感じる。

原作キャラよりもゲームオリジナルキャラが劣るのに抵抗があると思うからだ。

 

また、SAOメモデフ公式HP(http://sao-md.bn-ent.net/)では本作を以下のように謳っており、ファン層に"追体験"を約束したゲームである。

「ソードアート・オンライン −メモリー・デフラグ−」は、原作やTVアニメで、キリトやアスナ達が体験した数々の思い出を、スマートフォンで"プレイしながら追体験できるアクションRPG" 

 

つまり、メインのコアユーザーは「SAOファン」であり、「原作&アニメに登場したキャラを使って追体験させる」ことが本ゲームの付加価値であるべきである。

 

やはり、原作ファンとしては主人公キリトで、エリュシデータ×ダークリパルサーを携え、スターバーストストリームで乱舞したい ・・という声が多いのではないだろうか?

 

 

もちろんスマホゲームでの課金を促進する上で、男キャラは商業的に不利である。

また、キャラインフレはソシャゲに付き物であり、課金を促しゲームを盛り上げるには仕方ない要素だとも思う。

しかし、本来のキャッチセールスは死守すべきだろう。

ファン層は原作には共感しているが、その派生となるグッズやゲームにおいては別物として評価する。

もしファン層からSAOの冠だけつけたクソゲー、とレッテル張りされてしまうと多くのユーザーを逃がすことになってしまう。

 

よって、キャラインフレやステージ難易度インフレを進めるなら、初期キャラもきちんとキャラ調整すべきだと考える。

 

メモデフのゲームシステムはスマホアクションゲージャンルで頂点に君臨する白猫プロジェクトを模倣している部分が数多くみられる。

 

白猫はスマホゲーでもインフレが最も激しいアプリであるが、基本的にガチャで登場するキャラは全て期間限定キャラである。

プレイヤー投票で一定の期間ガチャに残り続けるキャラもいるが、基本的に消えていく。かつ過去キャラの復刻は廃止宣言されている。

結果的にガチャ排出キャラ全般でインフレが進み、過去排出キャラの出番は失われていく。

過去排出キャラは神気解放という名目で1年ほど経過した後キャラ調整が行われるが、現状キャラに匹敵するような恩恵を受けられるキャラはごくごく僅かである。

復刻予定もない過去排出キャラを強化することは、現ガチャの課金促進上デメリットを産むからだ。

 

一方で現状メモデフは過去排出キャラが残ったまま、新キャラが追加でガチャに入るというスタイルをとっている。

そのため初期キャラを強化させることは商業的にも成り立つ。

 

キャラ調整はタイミングを見逃すとユーザー離れが避けられないため、告知だけでも早くすべきだと思う。

現時点でもキャラ調整が原作と離れ過ぎている・・とのクレームがサポに集まっているのでは?と想像する。