SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

アクセル・ワールド エンドオブバースト 本日(1/16)配信開始!やる?やらない?

スポンサードリンク

 

 

アクセルワールドスマホアプリ「アクセル・ワールド エンドオブバースト」 1/16配信開始!

アクセル・ワールド原作 あらすじ

引用元:Wikipedia

 

2046年、ニューロリンカーというウェアラブルコンピュータを用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっても、未だ人が現実社会の軛から逃れられずにいる世界。 東京都杉並区にある私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄かつ肥満体型と内向的な性格から、幼少期の頃よりいじめや嘲りの対象となり、辛い日々を送っていた。いじめは中学に入学してからも収まらず、ハルユキはままならない現実を呪いながら学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなある日、ハルユキは副生徒会長を務め周囲から羨望の眼差しを受ける美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられる。 「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」 戸惑いながらも黒雪姫の誘いに応じたハルユキは、有線直結通信で謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされる。それはニューロリンカーの量子接続に作用し、思考を一千倍に加速するという驚くべきアプリケーションだった。 こうして、ブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」になったハルユキは、デュエルアバター「シルバー・クロウ」を操り、もう一つの世界である「加速世界(アクセル・ワールド)」で繰り広げられる戦いに身を投じていく。

 

アクセル・ワールドスマホゲームアプリ「アクセル・ワールド エンドオブバースト」が本日(2017/1/16)配信されます。

原作者がSAOと同じ川原礫ということもあり、メモデフプレイヤー≒SAO原作ファンの中には、興味がある人も多いのではないでしょうか?

 

アクセルワールド 内容&PV

ジャンルはRPGなんですね。

アニメがかなりスピーディーな作品だっただけに、RPGでどう表現するんでしょうか?

 

売り出しとしてはただのRPGじゃなくて思考が加速するRPGとあるのが気になります。

メモデフ脳と反射神経をフルに使うという点で面白いと思ったので、ちょとアクセル・ワールドも気になってます。

 

(まあ、アクセル・ワールド自体「加速世界」をテーマとした作品だったので、そこからキャッチフレーズをとっているだけかも?しれませんが。)

 

PV

https://www.youtube.com/watch?v=PoY4Bq14mXs

 

 

アクセル・ワールド公式ページ

[blogcard url=”http://accelworld-sp.bn-ent.net/″]

 

アニメでは主人公が賛否両論?のアクセル・ワールド

あにこれのレビューだと、SAO(ソードアート・オンライン)ほどではないですが、アクセル・ワールドも評価は高いですね。

SAO あにこれ 評価 90.7点

アクセル・ワールド あにこれ 評価 85.0点

 

ただ、ざっとレビューを眺めた感じだと、比較的支持の高いSAOの主人公キリトと違い、アクセル・ワールドでは主人公に対する賛否両論が作品自体の評価の分かれ目になっているようです。

 

 

アクセル・ワールド やる?やらない?

メモデフプレイヤーとしては、同ゲームプレイヤーがどう動くのか?

気になる人もいるのではないでしょうか?

 

[poll id=“16”]

 

[poll id=“17”]

 

[poll id=“18”]

 

アンケートは一度答えていただくと、次回閲覧時にすぐ集計結果が見れます。良ければ是非参加お願いしますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

以下、余談ですが。。

掲示板やTwitterの書き込みを見ていると、ゲームを複数プレイしている人をちょこちょこ見かけます。

掛け持ちプレイって比較的多いのでしょうか?

これってある意味才能だと思ってしまう。(もちろん自由時間の有無もあると思いますが)

 

 

 

管理人はゲーム以外にもアニメ・漫画・小説に時間を使いたいと思いつつ、気付くと・・

 

人のレビューだけ読んで終わる日

 

が多い人です。笑

 

 

※当記事のご意見・ご感想について、記事下コメント欄にてお願いします。(匿名投稿可能です)