SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ  追憶の亡霊 『縛り&ピタリ』表彰と表彰者コメント!!

 

第3回ツイ杯(縛り&ピタリ)の表彰と、今回は表彰者のコメントについて。

私もプレイヤー参加型非公式イベントもいくつかやってきました。

 

その例としては

 

・マルチ集会→ゲーム内ミッションクリア

・タウン集会→雑談・交流

・ランイベ本戦投稿→スコア争い(絆ツイ杯)

・フォトコン→センス勝負(フォトコンツイ杯)

 

などがあったわけですが、今回は『縛り』と、一風変わった『ピタリ』という競技で企画しました。

 

その中で参加者が何を語るのか?は非常に気になるところです。

表彰者のコメントを表彰と一緒に合わせてまとめました!

 

参考)本企画の内容について

www.sao-memodefu.xyz

 

スポンサードリンク

 

縛りツイ杯 について

キャラ装備を限定した、縛りプレイでのランキングをスコアを競争しました。

縛りはガチやりこみ勝負になるため、参加者は限定される傾向があります。

一方で、そのレース展開は上位ランカーが常に入れ替わりつつ、最短タイムが日々更新されるという熱いものになったと思います。

 

ランキング上位者推移について

 

f:id:komebicchan:20170925124727j:plain

f:id:komebicchan:20170925124722j:plain

f:id:komebicchan:20170925124717j:plain

 

 縛り部門表彰

 そんな中、最終的に見事表彰に輝いた5名の表彰について。

コメントを見ててやはりそうだなーと思うのは、上位ランカー同士お互いを意識しつつ、

「デッキも立ち回りも絞られる中で、いかに理想に近い動きを指がトレースし続けられるか?」

といった共通した世界観の中で競い合っているという部分ですね。

(以下、敬称略)

 

5位:いのりん( ˘ω˘ ) スヤァ

f:id:komebicchan:20170926013421p:plain

f:id:komebicchan:20170925131852p:plain

「まだ短縮出来たのですが指の限界とタイムリミットで、不完全燃焼気味ですが、入賞できて嬉しいです!(›´ω`‹ )

でも今回は、ほとんど初日と最終日しかやらなかったのでもっと詰め作業をしたかったです....( ´ ཫ ` )

やっぱりツイ杯のいいところは、参加者同士が互いにアドバイスなどツイでの交流が深まることですね!

このような企画にはまた参加したいです!他力本願ですが無課金者も課金者も気軽にできる企画にも参加してみたいですね(´>∀<`)ゝ」

4位:ロジック提督

f:id:komebicchan:20170926013404p:plain

f:id:komebicchan:20170925131355p:plain

「感想は一言で言えば”辛かった”ですね。

でも今回、課金うんぬん無しで自分の力がどこまで通用するか試せるいい機会だったのでそういう意味では楽しかったです!

今回に関してはやりきった感が強いので反省とかはないですね。

強いていうなら39秒の立ち回り完成してたのに、毎度の事ながら時間が足りなかったことです(´-ω-)ウム

ギルド対抗戦などの今後のイベントに向けて、ウチは本店含めメンバーが10人揃ってなかったりする支店もあるんですが、飯店は結束力が1番のウリなんで本店含め各支店も一致団結して楽しみつつ頑張りたいと思います!」

 

3位:すがちん

f:id:komebicchan:20170926013348p:plain

f:id:komebicchan:20170925131036p:plain

「素直に嬉しいです!
でも最初に思った事は「あぶねぇ!!!」でした
1位狙ってたんですけど寝過ごしちゃって…
そこだけ心残りです笑笑
最初に41sの壁にぶつかり、そこで何度も試行錯誤を繰り返して…
ひたすら立ち回りに苦戦させられました
縛り杯では、無課金~微課金の人でも大罪クラスの方々のような

コンマ秒の勝負が出来ることが、自分にとって1番の魅力

です!
受験も近くなって来たのでガチ参加はしないかもしれませんが、次も縛りツイ杯がやりたいです笑笑」

 

2位:いしし

f:id:komebicchan:20170926013331p:plain

f:id:komebicchan:20170925130236p:plain

 「惜しくも一位には追いつけませんでしたが、自分なりに納得のいく結果(動き)が出来たので満足しています。
39sは通常攻撃1発でも逃すと厳しくなるので、いかにパリイに影響を与えずにMP回復出来るかを重視しました。
ツイ杯は、本戦と違ってゆるグルだったり激戦区だったりせず、猛者揃いで自分の位置が明確に分かるのが良いですね。
ツイ杯、縛り杯は勿論参加させていただきます。
フォトコンやピタリ杯は参加出来ませんでしたが、何か企画された時はなるべく参加したいと思っています。」

1位:あるがた

f:id:komebicchan:20170926191059p:plain

f:id:komebicchan:20170925130131p:plain

 「最初トップのスコア出した時は脳汁出たな。

ただ、そのスコアに満足するよりももっと、もっと速く…!と上を追い求める気持ちのほうが強くなって、最終日は仕事があるにも関わらずオールで走ってたな。
結果1位にはなったがまだまだミスも多く詰めも甘い、嬉しさ以上に悔しさが残ってしまったかな。

(縛りツイ杯は)すごくやりがいがあっていいと思ったぜ。
ただ今回のツイ杯、どちらの企画も参加総数が思った以上に少なかったのが残念だったと思う。

今後のtwitter非公式運営様に期待してるぜ!」

 

5,6位の差は僅か0.01秒の差という内容でした。

皆さん、コンマ秒の死闘の中、表彰おめでとうございます!

 

 

スポンサードリンク

 

ピタリ賞について

ピタリ賞は指定スコアを競う大会でしたが、上位3名はスコア差が1桁というこれまたとんでもない僅差で終わりました。

(運営グルでは上位3名まで表彰してもいいんじゃないか?という声もあったほどです。)

表彰は最後まで追いかけ、見事ピタリを出したRWさんです!

指定スコアピタリは、理論上タイムが0.0001秒まで一致しないと出ないようです。(絶級前半で90.6411秒)

f:id:komebicchan:20170925133018p:plain

 

 

ピタリ部門 表彰 

優勝:RW@Coco メモデフ

f:id:komebicchan:20170926013502p:plain

f:id:komebicchan:20170925133400p:plain

本番のランイベよりも嬉しい1位を貰えてすごく気持ちがいいです٩(ˊᗜˋ*)و♪

ジャストスコアが出た時は、一瞬時が止まって思わず声が出たくらい驚きましたww

ツイ杯の魅力はツイ民のみんなと競えることと、みんなが平等に楽しめる最高のイベントであることだと思います(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋

参加してみたい企画といえば、個人的な要望にもなりますがiPhoneにも録画機能が追加されたってことでメモデフで1発芸動画コンテストやまたリベンジしたい方が多くみられたので、縛りとピタリツイ杯!!

そして、これは平等ではなくなるかもしれませんが、キャラ縛りのツイ杯٩(ˊᗜˋ*)و♪あたりですかね。

 

これからもメモデフをアスナさんに染め上げて楽しんでいきますよ٩(>ω<*)و
そして、いつも楽しいツイ杯に感謝してますもわぁーー!!
(PS.アスナさんの誕生日はおそらく愛で昇天しまふ)」

 

RWさん、見事ピタリおめでとうございます!

恐らくですが試行回数は100回をゆうに超えていたんではないか?と予想します。

熱心なご参加、開催側としても運営冥利に尽きるというものです!m(__)m

 

最後に本企画(縛り&ピタリツイ杯運営)の主任である、

うわばみさんのコメントを持って締めたいと思います。

f:id:komebicchan:20170926092800p:plain

「皆様、ツイ杯にご参加いただきありがとうございました。

縛り部門は39秒台という異次元の領域を制したあるがた氏

ピタリ部門では運営ですらまさかピタリするとは 思っていなかったところをピタリしたRW氏

お二人とも本当におめでとうございます!

 

キャラゲー、ポチポチゲーとの声もちらほら聞こえる中で、

 

メモデフがまだPSに望みを持っていて大丈夫なんだ

 

と 思わせてくれる戦いでした。

ありがとうございました!

 

連戦でしたので、本戦の方で苦労された方も少なくないと思います。

そのような中、多くの方にツイ杯にご参加いただきましたことを とても嬉しく思います。

そして今回の参加経験が次回以降のイベントで活かされることを 心から願っております。

最後に、開催に尽力してくれた運営の皆様にも感謝を伝えて 締め括りたいと思います。

本当にありがとうございました!

 

f:id:komebicchan:20170925134215p:plain

 

スポンサードリンク

 

 

 

※この記事のご感想・ご質問等、コメント欄、もしくは雑談掲示板までお気軽にどうぞ。