SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフを辞めたことについて

Twitterの質問箱に対する回答。

ちょっと今となってメモデフの件で聞かれるのは意図してなかったのですが、気にかけてくれる方、疑問に思っている方も多いようなので。

今もフォロワーとなって繋がっている方もいて、どうしても一言謝っておきたいということもあり。

f:id:komebicchan:20171228115414p:plain

 

メモデフ引退について

メモデフは引退しました。

サイト自体は過去の遺産で役に立つものもあるので、という声もあり、残しています。

 

メモデフ復帰について

メモデフに復帰はしません。

引退する必要はない、という意見もたくさんいただきました。

 

私が引退のきっかけとなったことはプライベートなことであり、当事者間で決着をつければよいこと。

第三者からとやかく言われることではないと。

実はこれには、同意見です。

 

これは多くの人に誤解を招いてしまったようですが、私は犯した罪の責任をとってメモデフを引退したわけではないのです。

引退した一番の目的は、自身の騒動の件でメモデフに残った当事者がネガティブな過去に引っ張られないようにすること。

だから、この件でいつまでも当事者に関わらないで欲しい、この件については放っておいて欲しいというのが、一番の希望です。

当事者とも別の世界で生きるということで、すでに関係を断っていますし、お互いのことは知る由がないです。

 

引退したもう一つの理由は、残存するメモデフのプレイヤーにとってネガティブな影響を残さないことです。

Twitterでのメモデフ攻略ヒントは、自身でも把握できないほど大きな影響力を持っていたし、その存在がネガティブなものになってしまった以上、その世界から撤退すべきだと思いました。

この件が話題にあがることで、特定の人達がどんなに盛り上がったとしても、見たくも無いものを見させられ、不快な感情を抱く人がいます。

この不毛な連鎖を断ち切るためには、自身の存在を埋没させるしかないと思ったのです。

後述しますが、私にとってメモデフは大切な存在であり、使命をもって守りたかったゲームなので。

 

残念ながら、引退した後もわざわざサブ垢まで用意して、過去のスキャンダルネタを面白ろおかしく拡散しようとする人がいるのは事実です。

私はこの行為を軽蔑します。

 

Twitterには注目集めること自体を目的とした人達がいます。

しかし、どんなに注目を集めたとしても、人を中傷することで集めた注目に価値を感じません。

―悪意を持って人を攻撃することで、盛り上げようとすること―

それは人の興味を引きやすく簡単な方法ですが、他人を餌に自己満足と、周囲の負の感情を呼び起こし共感しあっているだけの産物に過ぎず、とてもつまらない。

そんな世界にしたくないから、メモデフの世界から姿を消したのです。

 

一方でメモデフ引退までを線引きとして、そこから先には自由に考えています。

付き合いのなくなった人とは縁が無かったとし、引き続き絡んでいける人とは絡んでいくし、新たな交流も作っています。

その活動・発言も誰に制限されることもなく、自由に好き勝手やります。

そのベクトルは楽しむことであって、人を攻撃するものでは無い姿で。

 

Twitterでの交流はやめて、攻略記事だけ書くべき。

という意見をもらうことがたまにあります。

サイト運営をやっていると、『〇〇べき』という声に悩まされることは過去含め多いんですよ。もちろん、参考にさせてもらうこともあります。

でも、その結論は出ていて、自身で決めて好きに自由にやる。

 

メモデフでは多くのプレイヤーと交流し、本当に貴重な時間を過ごさせてもらいました。

で、なんでそれが続いたかというと・・それが楽しかったから。

やっている本人が楽しいと思えなければ、ゲームもサイトも、Twitterもやる意味がないので。

なので、人のべき論には耳を傾けることはあっても、最後は自分で決めて好きに自由にやります!

それが気に入らないという人とは残念ながら縁が無かったということですし、時間の問題で離れていくだけの関係です。

無論、その人達と争うような不毛な時間は使いたくないです。

一緒に楽しめる人と繋がっていきます。 

 

 メモデフのヒントか? 

メモデフのヒントと同一人物か?ということは、そもそもこの記事?が書けるのは、その人しかいないので、証明出来ているかと。

キャラは・・もう元々ブレブレで、キャラって何?っていう状態でしたし、それは今もそう。

深く考えないようにしてます。

 

謝るべきこと

一番申し訳ないと思っていながら、それを今日まで口に出せずいたこと。

 

それはメモデフで盛り上げるだけ盛り上げて、ある日突然全て投げ捨て去ってしまったこと。

無論、それも個人の自由だと言ってしまえば、そうなんですが・・。

今もメモデフのことで私に質問してきている人は、それがとても残念なはず。

 

自分はメモデフを盛り上げたいと思っていたし、そこには知らない他人からすれば馬鹿馬鹿しいと思われるような使命感も持っていました。

これは個人的な主義主張ですが、好きなゲームがあるなら、それを守るのもプレイヤーだと思っています。

 

自分がやりたかったこと。

一番は、このサイトの世界で、転載まとめサイトやポイントアプリ誘導のような商業主義のサイトに「検索」で打ち勝ちたかった。

これは経験がある人もいるはずです。

好きなゲームが見つかって、それで攻略サイトを巡っていた時に、上記のようなサイトばかりしか見つからず、ゲームそのもののモチベーションダウンを経験するということを。

 

メモデフでは、その状況を打破したかった。

 

私がメモデフに流れついたのは、その前にやっていたゲームが、プレイヤー過疎によってサービス終了に追い込まれたからです。

(攻略サイトといいながら、セルランをやたら気にするのもそういった事情からなんですね。苦笑)

 

このゲームで同じ苦痛を味わいたくはなかった。 

何も知らずメモデフに興味を持った人にその攻略、その楽しさを伝えていきたいと思ったし、持続できるゲームになって欲しかったんです。

それはサイト開始から、半年以上の期間を経て形になりました。

(簡単にいうと、「メモデフ」のキーワードでのグーグル検索で、検索上位。ゲームエイトの次にサイトが掲載されるようになったということです。本当はプレイヤー主体のサイトが検索上位にもっと増えること、それが自分の理想でしたがそこまでは行き着きませんでしたね。)

 

人って描いたもの形になった時、自分の役割を勝手に演じてしまおうとするものです。

Twitterを始めてからも、自分はゲームを盛り上げるポリシーを通したかったし、逆風が吹いている時はこのゲームをどうにか守れないものか?

そこに馬鹿みたいに必死になってました。

 

もっとも残念なことは・・

そのポリシー、その行動を、ゲームと全く関係ないプライベートな事情で放棄したこと。

それは自身を裏切り、他人の期待を裏切る行為だったと思います。

本当にごめんなさい。

 

そこに不甲斐無さを感じることはあっても、上述した理由で、もうメモデフへは戻れません。

 

そして。

 

今はSAOIFをプレイしていますし、記事を書いています!

hinthint.hatenadiary.com

自分は楽しいと思うことを引き続きやっていきたいし、これからも一緒に楽しめる人とつながっていきたいと思っています!

一人ではできないは、人の力を借り、皆で楽しみたい!

そこに価値があると思うし、喜びを感じるので。

 

最後に。

メモデフとは離れた上で、それでも好意を持って関わりを続けてくれた人達へ。

その人達のおかげでどれだけ救われ、どれだけ勇気付けられたことか。

 

本当は一人一人にお礼を言いたいところですが、その選別はとても難しいので、この場を借りて。

 

いつも感謝しています!ありがとう!

 

この気持ちが届く事を・・心より願って。