SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ 初期OSガチャから属性ガチャが一周して・・

OS映画公開でプレイヤー人口増と、キャラインフレの最盛期となったOSシリーズ登場から、属性ガチャが一巡しました。

ここに来てプレイヤーの動きにも少し変化(課金ガチャ控え)が起きつつあるようです。

 f:id:komebicchan:20170623105113p:plain

 

スポンサードリンク

 

ガチャへの投資意欲というのは、そのガチャ結果に対する資産性に寄るところが大きいです。

 

メモデフのエンドコンテンツはランイベ階層攻略の二つになると思います。

初回の階層攻略だった「夢幻城」では最終ステージである100層クリア者が過半数を割っていた(無課金では3割弱だった)こともあり、

www.sao-memodefu.xyz

 第二回目の階層攻略となった「黄昏城」は非常に注目を集めました。

f:id:komebicchan:20170610174714p:plain

しかし、「夢幻城」の時よりも所有キャラ数が増えた、PSが向上した等の要因もあり「黄昏城」の攻略が安定する(夢幻城よりも100層クリアが容易になった)結果となります。

 

今までは階層攻略用に”HP回復のあるキャラ”や、出撃回数縛りにより”キャラ総数”を備えておく必要がありましたが、その必要性が大きく低下しました。

階層攻略への警戒心は薄まり、キャラ所有総総数を拡大することへの関心が大きく低下したと思われます。

むしろ、所有キャラ数の過剰感(資産の埋没)を感じとってしまったプレイヤーも多いでしょう。

 

これにより、多くの既存プレイヤーの関心はもう1つのエンドコンテンツであるランイベに集中することになります。

 

スポンサードリンク

 

 

(人にもよりますが)OS2やお仕事ガチャから、キャラガチャへの課金控えが周囲でやや目につくようになった印象は持ってます。

f:id:komebicchan:20170613171627p:plain

かくいう管理人も、その典型例で、2デッキを埋める(3キャラ×2)連戦ランイベでも無属性キャラは既に溢れており、これ以上のキャラ増加は出来れば避けたいという感覚は持っていました。

OS2キャラやお仕事キャラのスキルが既存キャラの延長線上(攻撃バフやデバフ)だった点もまた課金抑制につながったと思います。

 

まあ、ここまでは割と環境対応的な話ではあるのですが・・

既存課金プレイヤーをある意味戦慄させたのがARランイベでのランキング結果だったかと。

www.sao-memodefu.xyz

初期OS陣営がランキング上位のデッキから無き者になってしまったという結果は、

 

今後のランイベ上位を獲る=最新キャラを引き続けないと勝てない 

 

というあからさまな構造を予見させてしまったという印象です。

 

勿論、ゲームバランスとして既に入手できなくなった過去キャラが新キャラを凌駕してランキングイベントで上位に入ってしまう構造が良いとは思いません。

新キャラは接待されてしかるべきでしょう。

でないと商業的にも成功できませんし、新規プレイヤーが活躍できるチャンスも奪うことになるので。

 

課金控えの動きも、完全にメモデフに幻滅したというよりは、初期OSから属性が一周して、

「常に最新性能を最適を追い続けるのが厳しくなってきた」

「既存の所有内容の中で、まったりプレイに移行しよう」

という向きが多いようです。

 

メモデフでは半年記念、誕生日記念や、双剣武器種強化等によって、旧キャラに再度活躍するチャンスを与えるといったバランス調整を行っています。

バランス調整を放棄して新ガチャを出し続ける運営スタイルも少なくは無いので、こういった動きは引き続き期待したいところです。

既存キャラの資産性担保というのは、モチベになるので。

www.sao-memodefu.xyz

www.sao-memodefu.xyz

  

加えて、既存キャラが活躍できるコンテンツを充実させてほしいですね。

もう何か月も前からランイベ以外をそろそろ・・・という人は少なくないですし。

 

ガチャ結果やPSをガチガチに要求するランキングイベントもいいのですが、ファンゲームらしくワイワイやれる要素が欲しいところですね。

 

あと2か月ほどで1周年ですが、スマホゲーの王道となる

 

マルチプレイ強化にもっと注力して欲しい

 

と思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

※この記事のご感想・ご質問等、コメント欄、もしくは雑談掲示板までお気軽にどうぞ。