SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

番外編)推理クイズ『王家惨殺事件』

メモデフやSAO無関係の推理クイズを趣味で書いています。良かったら息抜きにどうぞ。

王家惨殺事件

f:id:komebicchan:20170601180511p:plain

ある晩。王家が襲撃にあって一族皆殺しの危機にあった。

お忍びで休暇に出かけた別荘での出来事だった。

 

スポンサードリンク

 

 

偶然の近くで伐採をしていたきこりからの通報で、事件は発覚。 

王家関係者が現場に駆けつけた時、王家一族以外にも、護衛、女中含めほぼ即死の状態で発見された。

重体でまだ息があった数名の生存者も次々と息を引き取った。

 

しかし、唯一瀕死の状況から、運よく一命をとりとめたのが王妃だった。

f:id:komebicchan:20170601173215p:plain

ただし、事件の後遺症によって視覚を失い声が出なくなっていた。 

 

この事態に王国は騒然となり、国を挙げて犯人の特定を急いだ。

 

犯行目撃から3日後。

王国調査隊は事件前夜の状況と、王家との利害関係から、犯行に及んだと思われる種族を次の4つに絞り込んだ。

 

①火山周辺を拠点とするサラマンダー族

f:id:komebicchan:20170601173435p:plain

②森林を寝床とするエイプ族

f:id:komebicchan:20170601173514p:plain

③砂漠地帯で暮らすサンド族

f:id:komebicchan:20170601173942p:plain

④ 氷雪地帯に生息するペンギン族

f:id:komebicchan:20170601174735p:plain

 

王国調査隊は、唯一の犯行現場目撃者である王妃に、候補として絞り込んだ4つの種族のうち、どれが怪しいかを確認しようとした。

 

しかし、王妃は両手で耳を塞いだまま、沈黙を続けた。

 

時を同じくして、かつて王妃にお供していた吟遊詩人が旅から王国に帰還する。

王国調査隊は、王妃と親交が深かった彼に、事件生存者である王妃から、うまく情報を聞き出せないかを相談した。

 

f:id:komebicchan:20170601175827p:plain

 

犯行を実行したと疑われる”4つの種族”と”王妃への事情聴取時の様子”を聞いて、吟遊詩人はこう答えた。

 

「・・なるほど。それらの種族の居住地には、いずれもかつて王妃と外交目的で旅をしたことがある地域だ。犯人は〇〇だよ。」

 

スポンサードリンク

 

 

 

※この記事のご感想・ご質問等、コメント欄、もしくは雑談掲示板までお気軽にどうぞ。