SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ フレマルチPTが組めない問題

スポンサードリンク

 

メモデフの固定PTが作りにくい実態

f:id:komebicchan:20170324142157p:plain

メモデフでマルチPTを組む際に、野良PTではなく、決まったフレンドとのPTを組みたいと思ったことはありませんか?

 

これは主にミッション(コンボなど)達成や、高難易度クエストの周回(クリア安定&高速周回)といったものを目的にしています。

仲間と一体感のあるプレイを楽しみたいという要素もあったりします。

 

これを世間一般では、固定(PT)といったりフレ(PT)といったりします。

厳密には半固定(PT)などという使い分けもあるのですが、ここでは割愛します。

 

この固定PTはゲーム内で完結できるものと、SNSを使って連携するものがありますが、メモデフの場合、ゲーム内での連携は難しいので、SNSを使うことが多くなります。

(リアフレがいる場合は、それがもっとも円滑ですが)

 

SNSで代表的なものはTwitter、lobi、LINEなどです。

 

メモデフのSNS人口はTwitterが一番多いようです。

 

その背景には元々SAO関連のTwitter垢が多く、そこからメモデフ垢(メモデフ兼用垢含む)として派生したため。

 

と管理人は推測しています。

(あくまで推測です。)

 

で、そのTwitterでメモデフでのフレンド需要と、実際のフレンドでの活動結果についてアンケートした結果がこちらです。

 

f:id:komebicchan:20170414232757p:plain

SNS仲間とマルチがしたいと回答している人が全体の76%もいるのに対し、マルチやタウン集会を実施したことがある人は30%しかいませんでした。

 

一般に、馴れ合いも多いと言われているTwitterの世界であっても、メモデフのフレンドの需給には大きなGAPを抱えていることが分かってきました。

 

 

スポンサードリンク

 

何故フレンドが欲しいのに、作れていないのか? 

f:id:komebicchan:20170414235510p:plain

何故フレンドが作れないとうことが起きてしまうのでしょう?

 

ここにはTwitterならではの難しさ(フォロー・フォロワーの関係)も内在していますが、本質的には他者に踏み込めない疑心暗鬼から来るものだと推察します。

 

個人情報を隠した世界であっても、SNSのように一つの人格を形成している世界では現実同様の感情を持って接する人が多いようです。

 

f:id:komebicchan:20170414234341p:plain

自身に関心を持ってもらいたいと思っていても、他人からどう思われるか気になってしまう

 

という人が圧倒的に多く、お互いお見合いをしている状況があるようですね。

 

一方で管理人は、世間は無関心というのが定説じゃないかと思っています。

今や歩いている時でもスマホを見ながらの人が多いわけで、自分の好きなことに夢中になっても、他人のことには興味がないと思うんですよね。

 

ということもあって、こちらの企画も用意してみました。

なんというか、疑心暗鬼の一端だけでも払拭できれば良いかな?と思っています。

www.sao-memodefu.xyz

 

 

 

 

余談ですが・・

 

 

 

f:id:komebicchan:20170415004507p:plain

これは管理人の自己体験ですが、人の目を気にして「あれはしてはいけない」「こうすべきだ」というルールにはまり過ぎると、苦痛になることが多いです。

 

管理人も昔は、攻略サイトをしているところがゲーム攻略と関係無い記事を書いていいんだろうか?

 

とよく悩んだものです。

で、あーこれは攻略と関係ない話だー!

 

といって、記事を全部消したこともあります。

 

その結果膨大な時間を失って、白紙の記事が産まれたわけですが、今思えば無駄な時間を過ごしたと思っています。

 

ゲームだろうが、サイトだろうが、SNSだろうが、他人からどう思われているか?という、山ほどある他人の視線を基準にするのは難しいです。

何故なら人によって価値観が異なるから。

 

このサイトでも、自由なところがいい。と評価してくれる人もいます。

絶対的な基準が無く、見えもしないものを基準に行動しようとすると、何が正しいのか分からなくなるんですよね。

 

楽しめなくなったら、損じゃないです?笑

 

スポンサードリンク

 

 

 

※この記事のご感想・ご質問等、コメント欄、もしくは雑談掲示板までお気軽にどうぞ。