SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ PSOランイベ後編 最新攻略動画まとめと攻略の考え方

スポンサードリンク

 

終盤に向け後編攻略!!

f:id:komebicchan:20170410231251p:plain

 

 PSOランイベ後編の動画まとめです。

 

OSアスナ4凸5餅、OSアリス4凸5餅、配布ユナ(MP要員)

youtu.be

 

自前の動画なので、少し解説。

 

タイムは52秒としょぼいです。

適正がいないので、手持ちの凸キャラ2キャラで戦い抜いています。

ユナはMP回復要員です。

 

PSO後編は3面が鬼門なんですが、アリスの適正が高いので、3面までMP完全温存を意識しています。

そのためOSアスナに過労死労働させています。

2面の2回目のパリィ後ですが、通常→SS3で、オタ芸中も通常やスキルが通ります。

OSアスナのヒットストップは敵の挙動判定を狂わせるのに使えますね。

理想はオタ芸中に、抹殺です。

 

立ち回りは緩いので、あと4秒は詰められます。 

 

 

困ったことに高ランのアカウントが潜ったままなんですよね。

平日に仕掛けてきそうで、少し様子見です。

まあ、こちらとしては3位までに入れればいいので、後編はガチャまで手を出したくないのですが。。

 

スポンサードリンク

 

攻略動画まとめ 

 

 

 新しい1面の立ち回りですね。あえて吸い込みを使うとは・・・。

 

 

ぽっぷさんの無課金・微課金に優しい動画。

本当にPSO後編はMP配分と大事ですよね。

ラストはシリカの生スイッチ(SS1)。

 

 

30秒高速動画。凸、武器前提は動画で確認できます。

これ見る度に、OSシノン欲しくなる。

 

 

開幕に背面スイッチを使った動画。

片手剣、片手棍を使う場合も、1面開幕は背面スイッチが有効です。 

www.sao-memodefu.xyz

 

 

ALL★4餅 での動画。

3面のグリームアイズ戦のOSシリカのSS1の挟み方など、参考になるかと。

OSアスナだけでは足りない火力を、どう他キャラの残MPで調整するか?といったところですね。

 

コンボ数に影響のある、スキルカットインを意識的にONにしている点も参考にしてみてください。

www.sao-memodefu.xyz

 

 

 

2面のラストアタックで忍者シリカを使用した動画。 

 

 

28秒ガチ高速動画

1面は忍ユウキですが、間にS2を挟むアイデアですね。

 

 

OSシノンの生スイッチ(S1)の挟み方が特徴的な動画。

忍者リーファのMP温存で補助移動OFF→3面開幕にSS3を入れることで、タイムロスを無くしつつラストアタックにOSキリトSS3を持ってくることでダメージ量を最大化を狙っているようです。

最後130Hitにもなるのは、途中で挟んでるOSシノンのSS1のHit数が大きいからですね。

www.sao-memodefu.xyz

 

 

 

いまや珍しい赤シリカでの1面攻略動画。 

攻バフと高いクリティカル判定をベースに、ほぼパリィ無しで倒しています。

 

 

3面攻略に意識を!

f:id:komebicchan:20170411005238p:plain

管理にも後編は昨日から本格的に始めたんですが、PSO後編の肝は3面攻略だと思います。

 

理由はいくつかあります。

 

  • ボスの挙動が他ステージよりも不安定
  • ボスのHPが高め
  • パリィ不可の攻撃回避に時間がかかる(タイムロスが大きい)
  • 3面失敗でのリトライが時間と精神の消耗が大きい

 

といった理由です。

 

安定して始末するには「コンボ継続」「必要なスキルのMP配分」にあると管理人は考えます。

そのためにコンボ持続と必要なMP量を意識しておくと良いと考えます。

これは1、2面のタイムロスをコンボ数とMP回収に交換する作業でもあります。

 

1面2面のタイム短縮を狙っても、3面のロスタイムでリトライさせられることになるので、3面ボスを倒しきれるだけの計画を持っておくべきでしょう。

 

残された時間は僅かなので、気を付けてくださいね。

 

攻略組以外の動画も増加傾向に・・・

見てもらうと分かる通り、ここ最近、ガチ前提でない動画をあげてくれる人が増えてきました。

 

凸や装備が離れ過ぎていると、攻略イメージが沸きずらいという声はかなり多かったと思うので、これは非常にありがたい傾向だと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

※この記事のご感想・ご質問等、コメント欄、もしくは雑談掲示板までお気軽にどうぞ。