SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

SAOメモデフ 攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAO メモデフ ランキングイベントのタイムの詰め方(基本の考え方)

スポンサードリンク

 

最短ルートを駆け抜けるには?

f:id:komebicchan:20170410113956p:plain

ランイベでタイム短縮の方法論について。基礎編。

管理人なりの考察ですが、おなじような考察をしている人も多いと思います。

 

ランイベのステージクリア方法として大きく2つの考え方があります。

 

①敵の行動にどう対応するか?

②自分の理想パターンに敵をどうハメるか?

 

他のアクションゲームの場合①での攻略が基本になるのですが、メモデフのようにTA(タイムアタック)を競うゲームでは②で考えるのが適していると思います。

 

例えば、都合の良い敵の行動や、都合の良いダメージ(クリティカル)が出るまでリトライするんです。 

 

 

何故パターン化した方がいいのか?

f:id:komebicchan:20170410130951p:plain

プレイ試行段階では全く問題ないのですが、すでに狙っている挙動(自キャラ・敵)と別の動きをしているのに、そのプレイを引っ張ってしまうと、タイムが不安定になり、プレイ時間の長期化が起きます。

 

パターン化されたもの(最短ルート)を周回するというのは、パターン化以外のプレイを捨てるということです。

 

TA動画の大半は予め狙った挙動を決めていて、それに沿った動きを周回し、上手くいったプレイを切り抜いたものです。

(一部YOUTUBEのエンターテイメント系のチャンネル動画は、これとは異なります。)

 

初心者の人は勘違いしがちですが、メモデフでのタイムアタックとは・・

 

 

×最も理想的な立ち回りを完璧に実現する

 

 

のではなく、

 

 

◎偶発的に発生する都合の良い結果を拾えるまで周回する

 

 

ということなんです。

ほぼ例外なんて無いと、管理人は考えているくらいです。

 

 

この周回作業において、時間や体力が無限にあるなら別ですが、都合の悪いプレイ結果は途中で捨てていかないと、キリがありません

 

TAプレイタイム短縮の前に、プレイ時間そのものの短縮化・プレイの濃縮化ができないと、時間だけかけて何の成果も得られないという虚無感や疑心暗鬼に陥ることすらあります。

 

f:id:komebicchan:20170410142755p:plain

(別にこれがやりたかっただけというわけじゃないですよ。)

 

 

なのでパターン化→周回なのです。

 

スポンサードリンク

 

タイム短縮の青写真をどう描くのか? 

f:id:komebicchan:20170410143102p:plain

タイム短縮の作業をパターン化させるとしてた時に、その作業をフローにすると以下のようなものになります。

 

①パターンを作るorパターンを盗む

②パターンを周回する(敵挙動把握、スキル判定見極め、敵HP残量把握、コンボ数把握等

③パターンを練り直す(デッキ、MP配分、コンボなど)

④ パターンを周回厳選する(クリティカル判定、敵挙動の厳選)

 

①の作業は自分で作ってよいですし、時間短縮のために、人の動画を見て盗んでしまうこともできます。

それは部分的であったり、丸っとだったりします。

 

④の作業の中で重要だと感じるのは

 

クリアタイムと安定性のバランス

 

です。

 

 

周回厳選作業を楽にする

f:id:komebicchan:20170410150249p:plain

 

最終的に狙いたいタイムがあるとしても、そこに辿り着くには④の周回厳選作業が待っていて、相当数の周回が必要です。

 

メモデフは同じ連打作業一つでも、コンマコンマ数秒の差で別の挙動結果が産まれるため、タイムを詰めるにも最終的には運に頼りのプレイをすることになります。

 

滅多に出ない敵の挙動×全クリティカル厳選×シビアなスキル判定

 

といった、偶発要素を積み重ねたプレイに最初から固執し過ぎると、ハマります。

(攻略組は、凸・武器強化の要素に加え、これをやってます。)

 

例えば、会心値が低いキャラのクリ厳選を周回するのと、会心値が高いキャラのクリ厳選するのでは、要求周回数が全く別のものになります。

 

パターン化には、クリアタイムそのものだけでなく、自分が周回作業しやすい(指に優しい)パターンにアレンジすることで、周回数や周回負荷が減ります。

 

最終的には誰しもが指と精神の消耗戦に突入するので、周回を楽にすること=タイム短縮につながるということも覚えておくと良いでしょう。

 

例えば、限界突破武器スキルスロット解放タイム短縮のためだけでなく、周回回数を減らす(プレイを安定させる)ためのオプションであるということを意識しておくと良いと思います。

 

具体例が無いと分かり辛いと思ったので、1点だけ。

 

この動画は、元々は別の動画氏があげていた動画を丸パクリしようとして、アレンジしたものです。

 

youtu.be

 

元動画は、3面でPSOリーファのSS3×2→通常→SS3で倒し切っていたのですが・・・その前提が全クリ判定だったので、クリ厳選が死ぬほど辛かったんです。泣

PSOリーファはLV80 ですし、武器もユージオ餅で会心値が低いんですよね。

 

そこで、2面終了時にOSアスナのSS3×1分のMPを残すことを目標に、2面で厳選しました。

この厳選ポイントは、2面ボスのジャンプ挙動をヒットストップでキャンセルさせることです。

これはもちろん狙ってやっているわけですが、簡単に条件が整わず、何回も周回しました。

ただし、PSOリーファの3面でのクリ厳選するよりも、2面厳選でリセットできたので、周回は楽になりました。

指と時間に優しいパターン化は大事かと。笑

 

ここまで解説しないと、その動画で何を狙っていて、どこが厳選ポイントなのか?などということは分からないですよね?

多くのTA動画は多くを語らないので、見る側が観察眼を持つこともまた重要だと思うのです。

 

さて、ここまでかなり抽象論が多くなってしまいましたが、タイムを詰めるのに当たって

 

パターン化するメリット

パターン化の流れ

パターン化する際の留意点

 

について説明しました。

 

この記事の続き。パターン化に向けて。

www.sao-memodefu.xyz

 

スポンサードリンク

 

 

 

※この記事のご感想・ご質問等、コメント欄、もしくは雑談掲示板までお気軽にどうぞ。