SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAO(SAOMD)メモデフ攻略ヒント 

SAOメモデフの攻略&関連情報サイト!

SAOメモデフ SAO OS(オーディナルスケール)映画公開とTVCMで復権なるか?

SAO映画公開でメモデフは復権できるか?

f:id:komebicchan:20170216003602j:plain

 

f:id:komebicchan:20170217112015p:plain

 

 

映画公開まで残すところ2日を切ったSAO オーディナル・スケール。

しばらく世間の話題を集めそうです。

 

 

TVCM第二弾

youtu.be

 

時を同じくしてTVCMを開始。

SAOで全国が盛り上がるこの時期に、ユーザー数を増やす狙いたいところでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

深刻さが増しているセルラン

引用:http://applion.jp/iphone/app/1138599575/market/

f:id:komebicchan:20170217102833p:plain

 

映画での話題やTVCM効果で、ダウンロード数は緩やかに増えているものの、セルランは圏外を突き抜けて下降しています。

一方で、ここ直近でもガチャ、イベント、システムの改良を結構な速度で加速させていることから、システム投資や保守費用が重くなっていることが予想されます。

 

このセルランの落ち込みは、ちょっと余裕のある状況ではなくなってきました。

 

新規を繋ぎ取れられるか?

そうはいってもTVCMは強力なメディアですし、SAO OS公開でSAOにまた火がついたファン層がメモデフに流れて来ます。

ただ、新規層を固定化できるかどうか?という点が次の懸念点です。

 

メモデフは、ちょっとPS面でハードルが高いんですよね。

パリィを覚えるのに集中力も必要ですし、手軽にサクサク遊べるようなファンゲームとは異なると思います。

やり込むことによってパリィの快感を味わう、スルメゲー的な部分はあるので、一見さんが断念していくケースは多いと思います。

 

メモデフ運営サイドもそれを懸念して、パリィ練習場なるものを実装しようというわけですが。

 

参考

www.sao-memodefu.xyz

 

もちろんそういった本質的なゲーム性は、良い面悪い面ある話なので、どうしようも無いとは思います。

 

ただそれ以外にもメモデフがちょっと弱いと感じるのは、

 

・プレイヤーコミュニケーション機能

・マルチプレイ機能の不充実さ

・育成要素の自由度の低さ

 

の3点ですね。

 

プレイヤーコミュニケーション機能 

やはりファンゲームなので、同じコンテンツを好きになった人同士がコミュニケーションしやすい機能は充実させるべきでしょう。

 

この辺はタウン番号を指定できるようにしたりと追加システムが実装されていますが、プレイヤーが接触する一番の機会はマルチバトルなので、そこで自由チャットをできるようにして欲しいと思います。

 

マルチの出発もバトルごとに毎回PTを組みなおすのではなく、一度PTを組んだら固定で周れるよう(かつグループチャットも可能)にすべきでしょう。

野良PTで一緒になって、そのまま周回続けたいと思ってもできません。

 

スマホゲームアプリ上位の多くもバトル毎にPTを組むシステムになっていますが、PT組み直しの時間をメリットとして感じる人はほぼいないと思います。

 

事実上、プレイヤー間の連帯感を分断するシステムになっているため、早期に手をつけてほしいと思います。

 

マルチプレイ機能の不充実さ

同期ズレや、ヘイトシステムの不明瞭さが引っ掛かります。

『空に憧れてイベント』はヘイトシステムを利用した一番面白いと思ったマルチだと感じましたが、敵のいないところを味方が殴ってダメージが出るなど、位置取りが重要なクエストで致命的な障害です。

味方との連携やモチベーションにも影響が出ます。

システム的な問題としては、根が深いと思うので、時間をかけて修正して欲しいですね。

 

 

育成要素の自由度の低さ

スキルスロットによって一部のキャラ強化が出来るようになりましたが、プレイヤーが期待するものとは少し異なったようです。

 

 

 

f:id:komebicchan:20170217105429p:plain

 

www.sao-memodefu.xyz

 

インフレが傾向的に進むソシャゲにおいて、キャラ間バランス調整をこのタイミングでテコ入れしているのは評価できると思います。

 

ただ、キャラ間の性能面でバランスがとれたとしても、キャラとしての個性や、カスタマイズ性が低いと、やり込み要素として楽しめないという部分はあります。

 

キャラ性能は画一的で、目新しさに欠けます。

バトル要素はやり込み要素があるのですが、育成面はハメコミ式のスロット強化となると、やってる感よりやらされてる感が強いです。

 

バランス設計が保守的過ぎて、結果的にキャラ育成が限界突破とモチーフ(武器)という課金要素に向かい過ぎているのが手痛いところです。

もっとピーキーなキャラや、思い切ったバフやスキルを出してくれていいと思います。

 

根本的に振り切りが足りないので、話題が産まれ辛いという面があります。

 

スポンサードリンク

 

 

TVCMよりもシステム投資やユーザーでの話題作りでは?

少しネガが多くなったのは、TVCMに対する投資効果なんですよね。

TVCMには数億の金がかかります。

 

個人的にこれだけの予算をTVCMに投下するくらいなら、システム改修を加速して欲しいという想いが強いです。

 

TVCMというのは発信力があるので、広告としては最上位ソードスキルくらいの爆発力はあるんですが、瞬間火力はあっても持続火力が出ないんですよ。

 

メモデフ運営はソーシャルメディアの使い方がとにかく弱いと思うんですよ。

(これは他のゲーム運営にもいえることなんですが)

 

SAO OSの公式Twitterアカウントのフォロワー数は39万人います。

 

f:id:komebicchan:20170217113032p:plain

 対して、ゲーム公式アカウントのフォロワー数は9万人

f:id:komebicchan:20170217113414p:plain

 

映画のフォロワー数に対して、4分の1程度です。

 

Twitterを世界の縮図として捉えると、ゲーム運営は残りの4分の3の人口をいかにして、ゲーム人口に取り込めるかが勝負になります。

 

オーディナルスケールの視聴者や、これから観にいこうとしているTwitter民は必ず「SAO」で検索する行動をとります。

今Twitterで「SAO」で検索すると、オーディナルスケール関連のつぶやきが多いわけですが、その中にレジスタメモデフのつぶやきも一緒に登場します。

 

彼らの発言がOSファンをゲームに取り込むわけで、 何故彼らを利用することも出来るんですよね。

 

それはお金を渡して桜をやらせるとかではなく、例えば

 

ダイヤの配布量を劇的に増やす

 

ことで、ガチャ結果やキャラに関する話題は増え、Twitterが盛り上がります。

OSキャラのキャラ画像がバンバン出れば、映画でボルテージが高まっている人は興味を持つでしょう。

 

映画公開キャンペーンで運営はダイヤの配布量を増やしたつもりになっているんでしょうが、ガチャの当選率や話題作りという観点でいえば、全然足りてないと思います。

 

クレクレしたいわけではありませんが・・

 

広告に、広告に投資する予算があるのなら、システム改修やダイヤ配布に使った方が費用対効果は高いんじゃないの?

 

と管理人は思うのです。

 

 

スポンサードリンク